TOP >  防衛

防衛の資格

全て  国家資格  公的資格  民間資格 



防衛省職員(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)
防衛省で研究・技術・事務職に携わる防衛省職員。 上級職員(研究・技術職)はI種、中級職員(技術・事務職)はII種、初級職員(一般事務・技術職)はIII種と区分されている。
自衛官(2等陸・海・空・看護)
二士(1番下の階級)として自衛隊の職務につきます。合格後は約半年の新隊員教育を受け、 部隊に配属されます。また合格した隊員は「任期制隊員」として約2年間の「契約」で任務につきますが、終了後も任務を続け ...
自衛隊曹候補士
陸・海・空自衛隊の曹士の候補となる特別職国家公務員。3カ月程度のの教育課程を経て勤務し、入隊後3年経過後、選考により三曹となります。 自衛隊は、陸・海・航の3つに分かれ、さらに数多くの部門がある ...
防衛大学校学生
 将来陸上・海上・航空各自衛隊の幹部自衛官をめざして学ぶ大学校。 また身分は防衛庁職員として仕事として勉強するため、入学金・授業料、食事、学生手当も支給されます。
防衛医科大学校学生
防衛医科大学校学生とは、防衛大学校で陸・海・空自衛隊の医師の幹部自衛官をめざす特別職の国家公務員。身分は防衛庁職員なので、入学金・授業料、食事、一部被服や寝具なども支給されます。また、毎月学生手当も支 ...
自衛隊看護学生
自衛隊の病院等で看護業務を行う看護師を目指す特別職の国家公務員です。看護師国家試験に合格した後、2等陸曹に昇任し各病院に勤務します。自衛隊中央病院高等看護学院(東京都世田谷区池尻)で3年間の教育を受け ...
海上・航空自衛隊航空学生
海上自衛隊、航空自衛隊のパイロット、戦術航空士の幹部自衛官を養成するための制度です。
自衛隊幹部候補生
一般・技術・歯科・薬剤科のコースから各自衛隊の幹部自衛官となる者を養成する制度。試験に合格するとと陸上・海上・航空の各自衛隊曹長に任命され、幹部候補生として一定期間の教育を受けた後、3等陸・海・空尉と ...
海上保安学校・大学校学生
海上保安大学校は、将来の海上保安庁の幹部となる職員として必要な学術及び技能の修得と心身の錬成を4年間(全寮制)行います。 海上保安学校は、海上保安庁の一般職員として必要な知識及び技能の修得と心身の錬 ...
航空保安大学校学生
航空交通管制業務に携わる技術者を養成する学校です。航空情報課、航空電子課の2つの学科があります。