TOP >  女性

女性の資格

全て  国家資格  公的資格  民間資格 



歯科衛生士
歯科予防のプロフェッショナル。歯科医師の診療アシスト、歯科予防処置、指導。など、歯科医師が治療のプロなら歯科衛生士さんは予防のプロといえます。受験資格を得るには、専門学校や大学で3年間通学する必要があ ...
金融窓口サービス技能士
銀行などの金融窓口で顧客対応を行い、預金、為替、証券など幅広い・知識とサービスで金融サービスを取り扱う窓口担当者(テラー)の国家資格。
幼稚園教員免許・幼稚園教員資格認定試験
幼稚園の先生として働くために必要な免許状のことです。基本的には大学の教職課程で取得します。
看護師
 医師の診療補助、病気や障害を持つ人々の日常生活における援助や入院患者のケア、疾病予防や健康維持を目的とした教育などを行う。
助産師
出産時の援助、出産後のケアとアドバイスなどを行う厚生労働省認可の国家資格。日本では、看護師や保健師と異なり、女性のみの資格。
旅行業務取扱管理者
旅行会社の営業所で、取引条件の説明など契約全般から旅行の企画などを行います。総合旅行業務取扱管理者と国内旅行取扱管理者の2つの区分があります。
秘書検定
秘書検定とは、ビジネスマナーはもちろんのこと、事務能力、判断力を併せ持った秘書としての技能を認定する資格です。 秘書として上司の仕事の手助けと、それを適切に実行するための感覚,判断力のようなものが秘 ...
介護支援専門員(ケアマネージャー)
一般的にはケアマネージャーといわれる。介護保険法におい要介護者の相談け、ケアプランを作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめる介護のプランナー。受験するには実務経験が必要。
色彩検定
「感性」だけでなく「色に関する知識や技能」理論的、系統的に学ぶことにより「理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力」を身につけるための検定。色の調和や効果など幅広い知識を学ぶ事ができます。
家庭料理技能検定
家族の健康管理のための栄養学と料理学の実践的な技術を認定する資格。1級~4級まである。
医療秘書技能検定
医療秘書技能検定は、医療事務のみでなく、診療情報の管理や、秘書としての能力を検定します。 診療情報管理担当者として・・・診断結果、検査結果、治療方法、病状経過などが記載されている診療情報(カル ...
介護事務管理士
居宅介護支援事業者や居宅サービス事業者、介護保険施設などで介護事務全般の業務をサポートする仕事です。 ケアマネジャーが作成した、介護サービス内容に基づき、介護報酬請求事務なども担当し介護サービス業務に ...
医療事務管理士検定
 診療情報管理士は医療事務の業務には、医療機関内での患者受付け、治療費の計算、診療報酬明細書作成、カルテ管理など、医療保険制度や診療報酬の仕組みを理解し知識を評価する資格で、技能認定振興協会(JSMA ...
メディカルクラーク検定
1・2級メディカルクラーク検定(医療事務技能審査試験)は、財団法人 日本医療教育財団が主催する検定試験です。 医療機関の収入に直結する診療報酬請求事務、良質なサービスの提供としての受付などでの患者接 ...
ケアクラーク技能認定試験
介護事務業務の従事者として必要な社会福祉制度や介護報酬請求事務などに関する知識と技能のレベルを評価、認定する試験。
調剤報酬請求事務専門士
調剤薬局とは、医療機関で出される処方箋と引き換えに薬を提供する薬局のこと。 調剤薬局事務は、この調剤薬局で事務作業全般、薬剤師の仕事を補佐する仕事です。 薬に特化した調剤報酬請求事務として唯一の専 ...
ネイリスト技能検定試験
国際的に通用するネイリストの育成を目指す、ネイリストの登竜門的資格。 1級 : トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識。 2級 : サロンワークで通用するネイルケア、リペア ...
診療報酬請求事務能力認定試験
厚生労働省が認可する検定で。最も有名な医療事務の資格といえます。年に2度(7月・12月)の全国一斉の統一試験を実施しています。 医療保険制度の理解と、診療報酬明細書(レセプト)の作成やチェックなどを ...
ジェルネイル技能検定試験
お客様が安心して施術を受けられる健全なジェルネイルの普及を目的に、プロとして、サロンワークでジェルネイルを施術するために必要な理論と技術の修得を問う試験
歯科助手
歯科助手になるには資格は必要ありません。医院での受付業務・歯科医師のアシストなどを行います。患者さんのお口に触れるような行為は禁止されています。歯科衛生士と間違えられやすいですが、歯科衛生士とは 専門 ...