TOP >  国家資格  コンサルタント  ビジネス  経営  >  中小企業診断士  > 中小企業診断士とは?

はじめに


 経営・業務コンサルティングの専門家としては唯一の国家資格である中小企業診断士をご存知ですか? 日本では、全企業のうち99%を占めるのが中小企業といわれています。そんな中小企業の経営課題に対する経営診断を行い、助言、サポートを行い、会社の収益効率の改善、成長の手助けをするのが、中小企業診断士の役割といえます。また、会社の経営に携わっていきたい・大きなプロジェクトを任されたいというビジネスマンにとっても、経営戦略、人事、マーケティング、会計、販売、生産、法律、など経営に関する幅広いテーマを学習する本資格は多いに役立つことと思います。
 中小企業診断士の仕事内容、資格を取得するには?中小企業診断士になるまでの流れ、学校の紹介など、これから、中小企業診断士の資格取得を目指そうという方にお役に立つ情報を紹介していますので是非当サイトをご活用ください。

中小企業診断士の定義


中小企業診断士とは経営コンサルタントとしての唯一の国家資格(名称独占資格※1)です。 中小企業診断協会に拠れば、 中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家のことを指します。


中小企業支援法(昭和38年法律第147号)に基づいて「中小企業の経営診断の業務に従事する者」として経済産業大臣が登録する資格で、中小企業支援法では、次のように位置づけられています。


  • 1.中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者
    (公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)
  • 2.業務は「経営の診断及び経営に関する助言」
  • 3.中小企業診断士試験は、法律上の国家資格

中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。


中小企業基本法では、中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者(公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)として位置づけられています。


※1:名称独占資格とは、業務そのものは資格がなくても行うことができるが、有資格者でなければその肩書きを名乗ってはいけないと法律で規定されている国家資格のこと。他には、調理師、介護福祉士、測量士、保育士、等。

blank