TOP >  国家資格  福祉 >  介護福祉士 >  介護福祉士を徹底解説

介護福祉士のことを知ろう!


介護福祉士の資格は介護業界に入った人が実務経験を積んで最終的に取得を目指す国家資格です。実務経験があれば誰にでも取得のチャンスがあります。介護福祉士、社会福祉士精神保健福祉士の3つは福祉業界の上位資格として三福祉士ともいわれますが、この介護福祉士の事って介護業界以外の人はあまりわからないのではないでしょうか?

介護福祉士ってどういう仕事をするの?
どうやったら資格が取れるの?
どんな職場があるの?
ヘルパーケアマネとどう違うの?
こういった素朴な疑問から、介護福祉士の仕事内容資格取得の道のり、学校など解説し、これから介護業界でがんばろう!介護福祉士の国家取得を目指そう!という方に役立つ情報をお届けします。

介護福祉士とは?


介護福祉士は、社会福祉士及び介護福祉士法に基づいて誕生した、別名「ケアワーカー」とも呼ばれている介護分野における唯一の国家資格です。


介護士

仕事内容も、体や精神に障害があり、生活に支障がある方々の身辺のお世話だけでなく、当事者や家族に介護に関する指導・アドバイス。医療機関と連絡を取り健康を管理するための栄養指導、介護計画の作成、介護記録の作成とチェック、ヘルパー養成講座などの講師など、介護に関する責任者やリーダー的な仕事を任されていくことになります。


社会的にもこれから来る超高齢化社会でも、お年寄りの方が自宅や施設で充実した介護を受けることができるように、介護福祉士の資格を 国家資格として制定し、プロフェッショナルな介護福祉士を社会に多く生み出し、民間のシルバーサービスの質を良くすることも目的としています。