TOP >   医療  歯科  女性 >  歯科助手 >   > 歯科助手の心構え

歯科助手の心構え

 歯科助手になる人はどのような人が向いているのでしょう?またどのような事が必要になってくるのでしょうか? 自分にはまだ無理かな・・・と思わずに、医院には様々な色があります。条件を満たせるよう努力してスタッフや患者さんと打ち解けていくことが大事です。

清潔

 清潔であることはもちろんですが、爪の長さ、髪の毛の色、など清潔感・信頼感がなによりも重要視されます。 身だしなみだけでなく、院内の生理整頓や清潔に保たなくてはいけません。

コミュニケーション能力・接客力

 患者さんと受付や電話で接する事の多いのが歯科助手の仕事です。患者さんを元気にしたいから!ということで歯科助手になっている方も多くいます。笑顔やてきぱきした対応はもちろん必要ですが、子供やお年寄りなど広い世代の方と上手にコミュニケーションをとる事もでてきます。

気遣い

 歯科医師の補助業務においては、気配りは絶対に必要です。歯科治療は細かい作業も多く、ミスをすると大変なことになりますので、 歯科医師の治療を理解して先読みして速やかにアシストできるようにならなければいけません。  また、治療以外でも、衛生面や、待合室の片づけなど患者さんが気分良く来院できるよう細かなことに注意が必要です。