TOP >   医療  歯科  女性 >  歯科助手 >   > 印象をとる・印象錬和

印象をとる・印象錬和

blank

 歯医者さんの業務の中で「印象をとる」つまり歯型を取る事が多くあります。実際に歯科助手として働くと「印象を練る」ことがあると思います。また、印象材をほどよく練れるよう上達するには時間がかかり、何度もやりなおしを経験する事とおもいます。一度でしっかりとれるように先輩のやり方を学びながら、手数をふんでいきましょう。

 印象材をラバーボールという器にいれます。ラバーボールはゴムでできた器で混ぜやすくなっています。

 水をいれて練ります。ムラなくペースト状になるまで、また気泡がはいらないように練ります。

 練りおわれば適当な量をトレーにもります。また喉に印象がながれていかないようにゆるすぎないようにします。

 後は、患者さんのお口のなかにセットします。とれた印象は、空き時間に石膏を流し込み模型を作製することも歯科助手の仕事の一つです。できあがった模型は歯科技工所に注文を出します。