TOP >   医療  歯科  女性 >  歯科助手 >   > 歯科助手の面接と採用条件

歯科助手の採用条件

blank

歯科助手の面接

 歯科助手は資格がいらず人気のお仕事です。特に初めて歯科医院で働く方は「元気」と「明るく」が大事です。応募条件にもほとんどが「明るい方!」と記載されていると思います。ですが初めて面接にいくと先生が怖くみえたりすると思いますので、面接・見学で委縮せずに「なぜ歯科助手として働きたいか」「なぜこの医院で働きたいと思ったか」を説得できるようにしましょう。
 面接担当者はほとんどの場合が院長先生になると思います。院長先生は明るく元気であれば、日常の業務はそのうち覚えていくだろうと考えています。逆に採用したくない人は「採用してみたら実はやる気・覚える気がなかった・・・」という人を見極めようとしています。やる気のある人もない人も、面接ではいいことばかり言いますよね?ですので。めでたく採用されたら気をぬかずしっかり覚えることは覚えて日々勉強を心がけて下さい。

給料など

 月給にすると15万円~20万円ぐらいといわれています。都心部では18万円~25万円ぐらいが相場のようです。時給にすれば800円~1200円ぐらいかと思います。また通勤手当なども1万円~全額支給される場合がほとんどです。

勤務時間

 多くの医院では、平日9:30~19:00頃を診療時間としていると思います。なかには、21時頃まで診療をしている医院さんもあります。その場合前後30分は清掃や片づけなどを行いますので勤務時間は9:00~19:30といったところだと思います。ただしシフトを組みながら運営していますので勤務時間は医院の状況により左右されます。

休日など

 週休2日で診療をしているところが多く日曜日+平日から1日が休診日となっているところが多くあります。