TOP >  国家資格  教育,公務員  >  高等学校教員免許・高等学校教員資格認定試験

高等学校教員免許・高等学校教員資格認定試験


国家資格
国公私立の高等学校で教師として働くために必要な免許状のことです。基本的には大学の教職課程で取得しますが、そうでない課程の方は教員資格認定試験を受験し取得することができます。ただし平成16年度以降は高等学校教員資格認定試験行われていません。

関連ワード : 教育,公務員 



wikipedia「高等学校教員」では

高等学校教員(こうとうがっこうきょういん)は、高等学校における教員である。高等学校に置かれる職員のうち、おおむね、副校長、教頭、主幹教諭、指導教諭、教諭、助教諭、講師 (教育) 講師、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭などの職員が該当する。(教員の職階なども参照のこと。)
このうち、「副校長」「教頭」「養護をつかさどる主幹教諭」「栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭」「養護教諭」「養護助教諭」「栄養教諭」でない者は、原則として「教育職員免許状 高等学校の教員の免許状」を有していなければならない。
高等学校において生徒の教育をつかさどる(学校教育法 旧・第28条第6項など)。中等教育学校において後期課程を担任する教諭の仕事には、高等学校教諭の仕事ととほとんど同じものも多い。

高等学校教員免許・高等学校教員資格認定試験試験情報

受験資格

●1種免許状 1.4年生大学等で所定の教科20単位以上、教職23単位以上の専門科目を修得し、学士の学位を取得した者。ほか 2.看護、柔道、剣道、情報、福祉、デザイン、建築情報処理、情報技術の教科では、文部科学大臣が行う高等学校教員資格認定試験の合格者。 ●専修免許状 1.4年生大学等で1種を取得するか所要資格を得て大学院で修士の学位を修得し教科または、教職科目40単位以上専門科目を修得し、学士の学位の取得者。ほか

試験内容

◆一次試験 1.一般教養・・・・人文、社会、自然、英語 2.専門知識・・・・教育原理、教育心理学、生徒指導等 3.論文・・・・教育に関する論述問題。 ◆二次試験 1.面接・・・・模擬授業、集団討論 2.実技・・・・音楽科、美術科、保健体育科、英語科の教科受験者のみ 3.口述試験

願書申込み受付期間

実施先まで、お問い合わせ下さい。

試験日程

◆一次試験・・・・7月中旬頃 ◆二次試験(面接試験)・・・・8月下旬頃 ◆二次試験(実技試験)・・・・9月上旬頃

受験申込・問合せ

文部科学省初等中等教育局教職員課 03-5253-4111

高等学校教員免許・高等学校教員資格認定試験合格情報

教員免許を取得するには?

・教職課程がある大学、短期大学等で免許状取得に必要な単位を修得し卒業する。
・文部科学省が行う教員資格認定試験(年1回)に合格して2種免許を取得する。

教員になるには?

・小学校、中学校、高等学校、盲・聾・養護学校、幼稚園の教員及び養護教員になるには、各学校種ごとの教員免許状が必要です。(中学校・高等学校は教科ごとの免許状になります。)
・公立小学校の教諭になるためには、各都道府県または政令指定都市の教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければならない。
教員免許制度の概要-教員を目指す皆さんへ(文部科学省)

1種・2種・専修免許の違い

・実務上の差異はありません。取得要件の違いのみです。
・専修免許状=修士の学位を有する者、1種免許状= 学士の学位、2種免許状=短期大学士の学位。