TOP >  国家資格  公務員  気象庁  >  気象大学校学生

気象大学校学生


国家資格
気象に関する専門的知識、技術などを気象大学校で学び気象庁の幹部候補生になるための国家公務員制度です。学生は、気象庁職員として国家公務員(気象庁職員)の身分を持ち、給与も支給されます。

関連ワード : 難易度:難しい 公務員  気象庁 


合格度10%程度
就職先気象庁や全国各地の気象台

HP 

気象大学校学生試験情報

受験資格

1.高等学校を卒業した者及び見込みの者 2.中等教育学校を卒業した者及び平成23年3月までに中等教育学校を卒業する見込みの者 3.高等専門学校の第3学年の課程を修了した者及び見込みの者 4.高等学校卒業程度認定試験に合格した者等人事院が1、2に掲げる者と同等の資格があると認める者

試験内容

●一次試験 1.学科試験(多枝選択式) ①数学I、②数学II、③数学A、④数学B(数列、ベクトルの分野に限る。)、⑤物理I、⑥物理II(力と運動、電気と磁気の分野に限る。)、⑦英語I、⑧英語II、⑨リーディング、⑩ライティング 2.教養試験(多枝選択式) ①一般的な知識(国語、社会、数学、理科など)、②知能(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈) 3.学科試験(記述式) ①数学I、②数学II、③数学III、④数学A、⑤数学B(数列、ベクトルの分野に限る。)、⑥数学C(行列とその応用、式と曲線の分野に限る。) ●二次試験 1.作文試験・・・・文章による表現力、課題に関する理解力などについての筆記試験 2.人物試験・・・・人柄、対人的能力などについての個別面接 3.身体検査・・・・胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、その他一般内科系検査

願書申込み受付期間

8月下旬~9月上旬頃

試験日程

●一次試験・・・・11月上旬頃の2日間 ●二次試験・・・・12月の下旬頃

受験地

●一次試験・・・・札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大坂、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇 ●二次試験・・・・札幌、仙台、東京、大阪、福岡、那覇

合格発表日

●一次試験・・・・11月上旬頃 ●二次試験・・・・翌年1月下旬頃

気象大学校学生合格情報

平成21年度の受験者数・合格率

申込者数第一次試験合格者数最終合格者数合格率
41746337.9%