TOP >  国家資格  政治  法律  公務員  >  衆院事務局職員(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)

衆院事務局職員(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)


国家資格
衆議院の議院活動の補佐として、衆議院事務局本会議・委員会等の会議運営・調査事務、一般事務などを行う特別職の国家公務員です。

関連ワード : 難易度:難しい 政治  法律  公務員 


合格率Ⅰ種が1%、Ⅱ種が2%、Ⅲ種が2%程度
就職先衆議院事務局

HP 

衆院事務局職員(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)試験情報

受験資格

受験資格 ・日本国籍を有する者・国会職員法第2条の規定により国会職員となることができない者以外の者に併せて、 ●Ⅰ種・・・・受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。ほか ●Ⅱ種・・・・受験年の4月1日で、21歳以上26歳未満の者。ほか ●Ⅲ種・・・・受験年の4月1日で、17歳以上21歳未満の者。

試験内容

●Ⅰ種 □一次試験(筆記試験) 1.一般教養 2.専門知識 ①憲法、②行政法、③民法、④刑法、⑤労働法、⑥政治学、⑦行政学、⑧経済学、 ⑨財政学、⑩社会政策、⑪国際関係 □二次試験 1.(第一回)筆記試験(論文/記述式) ①憲法、②行政法、民法もしくは経済学のどちらかを選択2.(第二回)①集団討論試験、②個別面接試験 □三次試験 口述試験 ●Ⅱ種 □一次試験(筆記試験) 1.一般教養 2.専門知識 ①憲法、②行政法、③民法、④刑法、⑤労働法、⑥政治学、⑦行政学、⑧経済学、 ⑨財政学、⑩社会政策、⑪国際関係 □二次試験 筆記試験(論文/記述式)  ①憲法、②政治学もしくは経済学のどちらかを選択 □三次試験 ①集団討論試験、②個別面接試験 ●Ⅲ種 □一次試験(筆記試験) ①一般教養(多肢選択式)、②作文 □二次試験・・・・個別面接試験 ●衛視 □一次試験(筆記試験)・・・・一般教養(多肢選択式) □二次試験・・・・①身体検査、②体力検査、③個別面接試験

願書申込み受付期間

●Ⅰ種・・・・4月上旬~中旬頃 ●Ⅱ種・・・・4月上旬~中旬頃 ●Ⅲ種・・・・7月下旬~8月中旬頃 ●衛視・・・・7月下旬~8月中旬頃

試験日程

●Ⅰ種 □一次試験・・・・5月上旬頃 □二次試験・・・・5月下旬頃 □三次試験・・・・7月上旬頃 ●Ⅱ種 □一次試験・・・・5月中旬頃 □二次試験・・・・6月上旬頃 □三次試験・・・・7月上旬頃の指定された日 ●Ⅲ種 □一次試験・・・・9月上旬頃 □二次試験・・・・9月下旬頃の指定された日 ●衛視 □一次試験・・・・9月上旬頃 □二次試験・・・・9月下旬頃の指定された日

受験地

東京

受験料

無料

合格発表日

●Ⅰ種 □一次試験・・・・5月中旬頃 □二次試験・・・・6月上旬頃 □三次試験・・・・7月下旬頃 ●Ⅱ種 □一次試験・・・・5月下旬頃 □二次試験・・・・6月下旬頃 □三次試験・・・・8月上旬頃 ●Ⅲ種 □一次試験・・・・9月中旬頃 □二次試験・・・・10月上旬頃 ●衛視 □一次試験・・・・9月中旬頃 □二次試験・・・・10月中旬頃

衆院事務局職員(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)合格情報

衆議院事務局職員Ⅰ種試験の合格率

年度受験者数合格者合格率
H21年度64人3人4.6%
H20年度54人2人4.0%

衆議院事務局職員Ⅱ種試験の合格率

年度受験者数合格者合格率
H21年度530人9人1.6%
H20年度627人11人1.7%

衆議院事務局職員Ⅲ種試験の合格率

年度受験者数合格者合格率
-年度706人4人0.5%