TOP >  国家資格  公務員  文化  >  国立国会図書館職員

国立国会図書館職員


国家資格
国立国会図書館に勤務し、調査業務・司書業務・一般事務など従事する職員です。 他の公務員試験同様にⅠ・Ⅱ種(大学卒業程度)・Ⅲ種(高校卒業程度)と分かれています。

関連ワード : 難易度:難しい 公務員  文化 


合格・採用率1%程度
就職先東京(国立国会図書館、国際子供図書館)、京都(国立国会図書館関西館)

国立国会図書館職員試験情報

受験資格

受験資格 ●Ⅰ種 1.受験年の4月1日で21歳以上29歳未満 2.21歳未満で、大学を卒業または翌年卒業見込みか官庁がそれと同等と認定した者。 ●Ⅱ種 1.受験年の4月1日で21歳以上29歳未満 2.21歳未満で、大学、短大、高専を卒業または翌年卒業見込みか館長がそれと同等と認定した者。 ●Ⅲ種 受験年の4月1日で17歳以上23歳未満で高校、短大、高専卒業見込みまたは、館長がそれと同等と認定した者。(4年生大学卒業、または卒業見込みのものは受験できません。) ●Ⅲ種技術 17歳以上27歳未満の者

試験内容

●Ⅰ種 □一次試験・・・・教養試験 □二次試験 1.専門試験(記述式) ①法学(憲法、民法、行政法、国際学から2科目選択)、②政治学、③経済学、④社会学、⑤文学、⑥史学(日本史、東洋史、西洋史から1科目選択)、⑦図書館情報学、⑧物理学、⑨化学、⑩数学、⑪工学、⑫情報工学(工学全般、情報工学から1科目選択)、⑬生物学 2.英語試験(記述式)・・長文読解 3.小論文試験・・・・・・与えられた時事的課題についての小論文1200字 4.人物試験・・・・・・・個別面接 □三次試験 1.人物試験・・・・集団討論 2.人物試験・・・・個別面接 ●Ⅱ種□一次試験・・・・教養試験 □二次試験 1.専門試験(記述式)①法学(憲法、民法、行政法、国際学から2科目選択)、②政治学、③経済学、④社会学、⑤文学、⑥史学(日本史、東洋史、西洋史から1科目選択)、⑦図書館情報学、⑧物理学、⑨化学、⑩数学、⑪工学、⑫情報工学(工学全般、情報工学から1科目選択)、⑬生物学 2.英語試験(記述式)・・・・長文読解 3.人物試験・・・・個別面接 □三次試験・・・・個別面接 ●Ⅲ種 □一次試験 ①教養試験(多肢選択式)、②英語(記述式)、③作文試験 □二次試験(人物試験)・・・・個別面接

願書申込み受付期間

●Ⅰ種・Ⅱ種・・・・4月上旬~4月下旬頃まで ●Ⅲ種・・・・8月下旬~9月上旬頃まで

試験日程

●Ⅰ種・Ⅱ種 □一次試験・・・・5月下旬頃 □二次試験(専門試験)・・・・6月中旬頃 □二次試験(人物試験)・・・・6月下旬~7月上旬頃の指定日 □三次試験・・・・7月下旬頃 ●Ⅲ種 □一次試験・・・・9月下旬頃 □二次試験・・・・10月下旬頃

受験地

●Ⅰ種・Ⅱ種 □一次試験・・・・東京、京都 □二次試験・・・・東京 □三次試験・・・・東京 ●Ⅲ種 □一次試験・・・・東京 □二次試験・・・・東京

受験料

無料

合格発表日

●Ⅰ種・Ⅱ種 □一次試験・・・・6月上旬頃 □二次試験・・・・7月中旬頃 □三次試験・・・・8月上旬頃 ●Ⅲ種 □一次試験・・・・10月中旬頃 □二次試験・・・・10月下旬頃

国立国会図書館職員合格情報

国立国会図書館職員Ⅰ種採用試験の受験者数・合格率


年度受験者合格者合格率
H21年度456人3人0.6%
H20年度502人1人0.19%
H10年度138人1人0.7%