TOP >  民間資格  語学,英語,国際  >  TOEIC Bridge

TOEIC Bridge


民間資格
 TOEIC Bridgeは 英語の基礎的なコミュニケーション能力を評価する試験です。テスト時間・問題数もTOEICテストの半分で、テストの題材も身近な問題が多くなっておりTOEICへの架け橋となる試験です。まだTOEICがまだ難しいと感じる人向けの試験のため、TOEIC Bridgeを150点以上を取得した方はTOEICテストを受験することが推奨されています。

関連ワード : 語学,英語,国際 


TOEIC Bridge のスコア

リスニング10~90点、リーディング10~90点、トータル20~180点のスコアです。

TOEICの試験形式

TOEIC Bridgeはリスニング(25分間・50問)、リーディング(35分間・50問)の合計1時間で100問に答えるマークシート方式です。

リスニングセクション(25分間・50問) 会話やナレーションを聞いて設問に解答

Part1 写真描写問題(15問)・・・1枚の写真について最もふさわしい答えを選ぶ。
Part2 応答問題(20問)・・・質問・文章から最もふさわしい答えを選ぶ。
Part3 会話問題(15問)・・・2人の人物による会話から最もふさわしい答えを選ぶ。

リーディングセクション(35分間・50問) 印刷された問題

Part4 文法・語彙問題(30問)・・・不完全な文章を完成させる。
Part5 読解問題(20問)

TOEIC Bridge の受験者平均スコア

受験時期リスニング
セクション
リーディング
セクション
トータル
2011/966.065.5131.5
2011/664.064.4128.4
2011/565.866.2132.0

英会話スクールを探す


北海道・東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東
東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨
中部
新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

HP 

TOEIC Bridge試験情報

受験申込方法

全国の大型書店、大学生協などで申込書するか、ホームページ(http://www.toeic.or.jp)からの申し込み。

受験資格

特になし

試験内容

リスニングセクションとリーディングセクション

受験料

4,200円

試験地

全国13都市(札幌・仙台・埼玉・千葉・東京・神奈川・名古屋・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡)

問合せ先

(財)国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC運営委員会 東京業務センター 〒100-0014東京都千代区永田町2-14-2山王グランドビル  TEL0120-40-1019

関連資格