TOP >  国家資格  医療  船舶  >  救命艇手

救命艇手


国家資格
救命艇手は、船舶が非常事態に陥ったとき、救命艇に食料や航海用具を積み込んだり、救命艇の操作や旅客などの誘導、指示などを行います。法律に基づき、救命艇の数・定員によって必要な救命艇手の数が決められています。

関連ワード : 難易度:講習 医療  船舶 


難易度易しい
就職先船舶関連、水産高校教員、海上保安庁など

救命艇手試験情報

受験資格

18歳以上で健康証明書を所持し、救命艇手規則に定める船舶に規定年数以上乗り込んだ経験を有する者。

無試験認定

18歳以上で健康証明書を所持し、6ヵ月以上の船舶乗船経験者で以下のいずれかに該当する者は無試験で認定されます。  ・海技士(航海、機関、通信)のいずれかの資格にかかる海技従事者。  ・大学、高専、高校において、救命艇の操作に関する教科課程を修めて卒業した者。  ・海技大学校、海員学校、海上保安大学校、海上保安学校または、水産大学校を卒業した者。  ・国土交通省が認定した講習を修了した者。

試験内容

●学科 ①救命艇、いかだ内の措置、②衝突、火災、沈没等非常事態の知識、③非常任務、消火知識、④救命艇の種類等の知識、⑤設備・構造知識、⑥救命艇推進装置の知識ほか ●実技 ①救命胴衣の知識、②救命艇の起こし方、③救命艇の表示・医療措置ほか

試験日程

不定期