TOP >  民間資格    >  樹木医

樹木医


民間資格

関連ワード : 難易度:講習



wikipedia「樹木医」では

樹木医(じゅもくい)は民間資格の一つ。
みどりの文化財である各地の貴重木から街路樹などの身近な樹木を保護する専門技術者、すなわち『樹木の医者』である。樹木医認定制度は1991年(平成3年)、林野庁の国庫補助事業としてスタート、事業主体は財団法人日本緑化センターである。『樹木医』は民間資格であり医師・歯科医師・獣医師といった国家レベルの免許ではないが、『樹木医』の名称は日本緑化センターにより商標登録されており、同センターによる資格審査合格者のみが使用できる。合格者のほぼ全員が日本樹木医会に入会しており、また関連の学会として樹木医学会がある。
樹木医になるには、樹木の診断、治療等に関する業務経験が7年以上、または樹木医補の場合は、認定後の業務経歴が1年以上の者が受験できる第1次審査(筆記試験および業績審査)に合格した後、第2次審査として2週間程度の研修(講義および実習)中に行われる筆記試験、面接に合格する必要がある。