TOP >  民間資格  医療  >  細胞検査士

細胞検査士


民間資格

関連ワード : 難易度:やや難しい 医療 


難易度。合格率は25%ほど。資格取得後も4年ごとの資格更新のため学術集会等に参加するなどして、所定の単位取得が義務づけられています。
就職がん専門病院、大学病院、一般病院、検診センター、検査センター、大学・研究機関、製薬会社、その他医療機関。

HP 

細胞検査士試験情報

受験資格

1. 細胞検査士養成コースのある大学で所定の単位を修得する。   現在、このコースのある大学は下記の7大学です。    ・杏林大学保健学部細胞検査士養成課程    ・北里大学医療衛生学部細胞検査士コース    ・群馬大学医学部保健学科細胞検査士養成課程    ・山口大学医学部保健学科細胞検査士養成課程    ・加計学園 細胞病理学センター(倉敷芸術科学大学生命科学部)    ・神戸常盤大学    ・弘前大学医学部保健学科 2. 大学、医療短大、専門学校を卒業し臨床検査技師又は衛生検査技師国家資格  (合格後)を得て細胞検査士養成所に進学し、所定の教育課程を履修する。   現在、細胞検査士養成所は下記2施設です。    ・癌研究会付属病院附設 細胞検査士養成所    ・東京都多摩がん検診センター細胞検査士養成所     (6ヶ月~7ヶ月間、臨床細胞学の講義と実習が集中して行われます。) 3.臨床検査技師(衛生検査技師)資格を得て、細胞診業務1年以上の実務経験者。

試験内容

●1次・・・・筆記試験およびスライド投影による細胞像判定試験 ●2次(実技)・・・・1次試験合格者のみ ①顕微鏡によるスクリーニング、②細胞同定試験、③標本作製実技試験(塗抹固定) * 一次試験合格資格は1年間有効で、翌年の1次試験のみ免除されます。

願書申込み受付期間

9月中旬~下旬

試験日程

●1次・・・・11月中旬頃 ●2次・・・・12月上旬頃

受験地

●1次・・・・東京、大阪 ●2次・・・・東京

受験料

31,500円

受験申込・問合せ

日本臨床細胞学会内細胞検査士資格認定試験係 03-3915-1198