TOP >  民間資格  IT,事務  >  MOS

MOS


民間資格
MOS とは Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の略でマイクロソフト社が認定するパソコンの資格です。ワードやエクセルやパワーポイントなどのOffice製品の、基本的操作や実践力をコンピュータを使った実技試験(CBT試験)により認定します。ソフトウェアのバージョンごとに試験があり、ソフトウェアのバージョンアップをした場合に資格も更新されるわけではありませんので、新しいバージョンのを新たに受験して下さい。

関連ワード : 難易度:易しい IT,事務 


試験は以下の中からソフトとバージョンを選ぶ方式です。

Word(文書作成ソフト)

Word 2010 / Word 2007 / Word 2003
*スペシャリスト試験とより上位のエキスパート試験を選択できます。

Excel(表計算ソフト)

Excel 2010 / Excel 2007 / Excel 2003
*スペシャリスト試験とより上位のエキスパート試験を選択できます。

PowerPoint(プレゼンテーション ソフト)

PowerPoint 2010 / PowerPoint 2007 / PowerPoint 2003

Access(データベース管理ソフト)

Access 2010 / Access 2007 / Access 2003

Outlook(電子メール・情報管理ソフト)

Outlook 2010 / Outlook 2007 / Outlook 2003

Windows Vista(オペレーティングシステム)



HP 

MOS試験情報

受験資格

誰でも可

試験方法

実技試験。Microsoft Officeのアプリケーションソフトを使って、出された課題を行えるかを判定します。 問題数などは課題によって異なり 25~50問程度です。時間は50分程度です。

主な試験日・試験会場

試験日は全国一斉試験、随時試験がありますのでホームページをご確認ください。

試験範囲

試験科目(Excel, Word, PowerPointなど)ごとに発表されています。

難易度

ExcelとWord には二つのレベルがあります。 【スペシャリストレベル】 基本的な機能を効率よく利用して、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更・印刷等の作業を行うことができる。 【エキスパートレベル】 スペシャリストレベルで要求される基本的な機能を十分理解した上で、用途や目的に応じて、環境設定・デ-タの有効活用等の高度な機能を駆使した作業を行うことができる。

受験料

スペシャリストレベル:10,290円(税込) エキスパートレベル:12,390円(税込)