TOP >  公的資格  建築  >  基礎施工士

基礎施工士


公的資格

関連ワード : 難易度:やや難しい 建築 


難易度普通。合格率は30~40%程度
就職建築業界。良質な工事を円滑かつ安全に施工する技士の需要は高く、就・転職に有利です。
仕事内容コンクリート杭を打つための計画および土質の調査のほか工事を安全に進める指導および監督を行います。

HP 

基礎施工士試験情報

受験資格

1.大学の指定学科を卒業後、実務経験1年6ヶ月以上の者。 2.大学卒業後、実務経験2年6ヶ月以上の者。 3.短大、高専の指定学科を卒業後、実務経験2年6ヶ月以上の者。 4.高校の指定学科を卒業後、実務経験3年6ヶ月以上の者。 5.高校を卒業後、実務経験5年6ヶ月以上の者。 6.中学卒業後、実務経験、8年以上の者。

試験内容

①設計、②土質、③労働安全衛生法令、④環境法令(騒音、振動など)、⑤主材料と施工、⑥場所内コンクリート杭工事知識

願書申込み受付期間

9月上旬~10月下旬

試験日程

11月中旬

受験地

東京、大阪、名古屋、広島、福岡

受験料

協会員:16000 / 非会員:19000円

受験申込・問合せ

(社)日本基礎建設協会 本部事務局 03-3551-7018(社)日本基礎建設協会 中部支部 052-571-2316(社)日本基礎建設協会 関西支部 06-6452-5752(社)日本基礎建設協会 中国支部 082-247-2541(社)日本基礎建設協会 九州支部 092-707-4191