TOP >  公的資格  福祉,建築,介護  >  福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーター検定試験


公的資格
高齢者や障害者に対して、医療・福祉・建築についての体系的な知識をもとにバリアフリーの住みやすい住環境を提案するアドバイザー。高齢者や障害者の状態に合わたバリアフリー住宅へのコーディネート(新築、建て替え、リフォーム)や福祉用具、福祉施策、福祉用具、介護用品、保険サービスなどの情報提供についてのアドバイスなど行います。

関連ワード : 難易度:やや難しい 福祉,建築,介護 


HP 

福祉住環境コーディネーター検定試験試験情報

受験資格

2級、3級は学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。 2級からの受験や、3・2級を同日に受験することも可能 1級は、2級合格者が対象となります。

受験内容

福祉と住環境との連携 福祉住環境に必要な理論と実践

受験料

3級⇒4,200円 2級⇒6,300円 1級⇒10,500円

受験日・試験会場

2級、3級は年2回(7月・11月) 1級は年1回(11月) 受験地は各都道府県によって異なる

合格率

3級→40~60%前後 2級→変動が激しく10~60% 1級→近年は2.5~4.5%前後 近年は合格率が21%前後

詳細問合せ先

東京商工会議所