TOP >  国家資格  建築,独立  >  建築士

建築士


国家資格
建築士は建物の設計・工事監理を行う資格。一級、ニ級、木造の3種類あり、建物の規模・構造・用途により必要な資格が異なります。 建築士には一級・二級・木造の3種類があり、一級建築士は高層ビルからあらゆる建物の設計・工事監督ができます。

関連ワード : 難易度:難しい 建築,独立 


難易度1級難しい。2級やや難しい。木造やや難しい
就職 建築事務所。独立開業

建築士試験情報

○一級建築士  国土交通大臣の免許で、建築物にかかわる設計、工事監理等を行います。 一級建築士が設計・工事監理を行わなければならない建築物 (例) ・高さが13m又は軒の高さが9mを超えるもの ・鉄筋コンクリート造、鉄骨造等で延べ面積が300m2を超えるもの ○二級建築士 都道府県知事の免許で、建築物にかかわる設計、工事監理等を行います。 一級・ 二級建築士 が設計・工事監理を行わなければならない建築物 (例) ・鉄筋コンクリート造、鉄骨造等で延べ面積が30m2を超え300m2以内のもの ○木造建築士  都道府県知事の免許で、木造の建築物に関して設計、工事監理等を行います。 一級・二級・ 木造建築士 が設計・工事監理を行わなければならない建築物 (例) ・2階建までの木造建築物で延べ面積が100m2を超え300m2以内のもの

受験資格

●一級建築士 1.二級建築士として建設実務通算4年以上の者。 2.建築設備士として建築にかかわる実務経験4年以上を持つ者 3.国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)を修めて卒業後、所定の  実務経験者(原則平成21年度入学者から適用) ●二級建築士・木造建築士 1.国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)を修めて卒業後、所定の  実務経験者(原則平成21年度入学者から適用) 2.建築実務の経験7年以上 3.建築設備誌の有資格者

試験内容

●一級建築士 □学科試験 ①建築計画、建築積算等、②環境工学、建築設備(設備機器の概要含む)等、 ③建築法規等、④建築力学、建築一般構造、建築材料等、⑤建築施工等  ※「学科の試験」の合格者からは、申請により、「学科の試験」に合格した一級建築   士試験に引き続いて行われる次の2回(従来は1回)に限り、「学科の試験」が免除   されます □設計製図 事前の公示課題で設計製図を行う ●二級建築士・木造建築士 □学科 ①建築計画、②建築法規、③建築構造、④建築施工 □設計製図 事前の公示課題で設計製図を行う ※学科の合格者は翌年(2級・木造は翌々年)に限り本人の申請で免除されます。

願書申込み受付期間

●一級建築士 インターネット申込み 4月下旬~末頃まで 受付場所での申込み 5月上旬~中頃まで ●二級建築士 インターネット申込み 4月上旬~上頃まで 受付場所での申込み 4月中旬~中頃まで ●木造建築士 インターネット申込み 4月上旬~上頃まで 受付場所での申込み 4月中旬~中頃まで

試験日程

●一級建築士 □学科・・・・7月下旬頃 □設計製図・・・・10月中旬頃 ●二級建築士 □学科・・・・7月上旬頃 □設計製図・・・・9月下旬頃 ●木造建築士 □学科・・・・7月下旬頃 □設計製図・・・・10月中旬頃

受験地

全国47都道府県

受験料

一級建築士・・・・15,100円

合格発表日

●一級建築士 □学科・・・・9月中旬頃 □最終発表・・・・12月下旬頃 ●二級建築士・木造建築士 □学科・・・・9月中旬頃 □最終発表・・・・12月中旬頃