TOP >  国家資格  不動産,独立  >  土地家屋調査士

土地家屋調査士


国家資格
 依頼を受けて、土地や建物がどこにあって、どのような形状か、どのように利用されているかなどを調査、測量して図面作成、不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う測量及び表示に関する登記の専門家

関連ワード : 難易度:難しい 不動産,独立 


合格率5%程度
就職測量会社、地図会社、土木建設会社、建設コンサルタント、土地家屋調査士事務所

土地家屋調査士試験情報

受験資格

制限なし。 口述試験は筆記試験の合格者。

科目免除条件

●午後試験・・・・測量士・補、1級・2級建築士の有資格者

試験内容

●午前試験(多肢選択式、記述) ①平面測量(トランシットおよび平板を用いる図根測量を含む) ②作図(縮図及び伸図並びにこれに伴う地図の表現の変更に関する作業を含む。) ●午後試験(多肢選択式、記述) ①民法に関する知識 ②登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む。)  及び審査請求の手続に関する知識 ③その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力 ●口述試験 ①民法に関する知識 ②登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む。)  及び審査請求の手続に関する知識 ③その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

願書申込み受付期間

6月上旬~中旬頃までの10日間ほど(土曜、日曜を除く)

試験日程

●午前試験・・・・8月下旬頃(同日の午前) ●午後試験・・・・8月下旬頃(同日の午後) ●口述試験・・・・11月中旬頃

受験地

●午前・午後試験・・・・各法務局管轄の受験地(筆記試験受験票に記載されます。)

受験料

7,200円

合格発表日

●午前・午後試験・・・・10月下旬頃 ●口述試験・・・・11月下旬頃

受験申込・問合せ

東京法務局 03-5213-1323 大阪法務局 06-6942-1486 各法務局各地方法務局総務課