TOP >  国家資格  公務員  外務省  >  外務省専門職員

外務省専門職員


国家資格
外務省専門職員とは、外務省および在外公館で外交官の補佐などを行います。また国内研修・海外研修などを行い。優秀な者については幹部への道も開かれています。

関連ワード : 難易度:難しい 公務員  外務省 


合格率10%程度
就職在外公館や外務省

HP 

外務省専門職員試験情報

受験資格

1.試験年の4月1日で、20歳以上29歳未満の者で、なおかつ日本国籍の者。 2.受験をする年の4月1日で、20歳未満の者で、短期大学又は高等専門学校見込み者 3.人事院が2.に掲げる者と同等の資格があると認める者。

試験内容

●一次試験(2日間) ①憲法、②国際法、③経済学、④一般教養、⑤時事論文、⑥外国語(英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語・イタリア語・オランダ語・アラビア語・ペルシャ語・ウルドゥ語・ヒンディー語・ミャンマー語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語・中国語・朝鮮語より1科目選択受験し和訳・和文外国語訳をします。) ●二次試験 1.外国語試験(口述)・・・・外国語会話(一次で選択した外国語) 2.人物試験・・・・個別・集団討論 3.身体検査・・・・胸部レントゲン撮影などを含む一般的な身体検査

願書申込み受付期間

4月上旬~下旬

受験日程

●一次試験・・・・6月中旬の2日間 ●二次試験・・・・7月下旬~上旬の指定された日

受験地

●一次試験・・・・東京、京都 ●二次試験・・・・東京

受験料

無料

合格発表日

●一次試験・・・・7月下旬頃 ●二次試験・・・・8月下旬頃

受験申込・問合せ

外務省人事課採用班 03-3580-3311(大代表)内線2131

外務省専門職員合格情報

発破技士の受験者数・合格率


年度受験者数合格者数合格率
H21年442398.8%
H20年6764511.3%


外務省専門職員採用試験に合格すると


最終合格者は,試験実施の翌年4月に外務事務官として外務省に採用され、入省後1ヵ月間外務省研修所(神奈川県相模原市)において国内研修を受け,引続き外務省本省に勤務したのち,再び研修所における研修を経て,原則として研修語を履修するのに適した国にある在外公館に外交官補として配属になります。その場合,館務に従事することなくその国の大学等で研修語について約2年間(アラビア語は約3年間)の在外研修を受けます。 給与額は206,796円(平成23年4月1日現在)です。このほかに通勤手当,扶養手当,住居手当等が資格のある者には支給されます。