TOP >  国家資格    >  廃棄物処理施設管理者

廃棄物処理施設管理者


国家資格

関連ワード : 難易度:易しい


難易度易しい。講習で取得するため合格率は80%程度
就職一般廃棄物処理施設、産業廃棄物処理施設。施設の管理者は、廃棄物処理施設技術管理者を置くことが義務付けられているので、資格を取得しておくと転職には有利に働きます。
仕事内容廃棄物処理施設を維持管理する事務に従事する他の職員を監督、施設の維持管理、処理施設の確保やダイオキシンなどの毒素流出を防止する定期検査の実施などを行います。

廃棄物処理施設管理者試験情報

受講資格

●基礎・管理過程・・・・受講開催月時点で20歳以上の者 ●管理過程・・・・学歴に応じた実務経験が必要。  資格認定は、以下の6コースに分かれて行われます。   1.ごみ処理施設  2.し尿・汚泥再生処理施設  3.産業廃棄物中間処理施設  4.最終処分場  5.産業廃棄物焼却施設  6.破砕・リサイクル施設  7.有機性廃棄物資源化施設

受講内容

●基礎・管理過程 □ごみ処理施設コース(10日間)①基調講義、②廃棄物概論、③廃棄物処理施設の構造と維持管理、  ④安全と安全衛生管理、⑤測定分析の実際 □し尿・汚泥再生処理施設コース(10日間)①基調講義、②廃棄物概論、③廃棄物処理施設の構造と維持管理、  ④安全と安全衛生管理、⑤測定分析の実際 □破砕・リサイクル施設(8日間)①基調講義、②廃棄物概論、③廃棄物処理施設の構造と維持管理、  ④安全と安全衛生管理、⑤測定分析の実際 □有機性廃棄物資源化施設(バイオマス利活用関連)コース(8日間)①基調講義、②廃棄物概論、③廃棄物処理施設の構造と維持管理、  ④安全と安全衛生管理、⑤測定分析の実際 □産業廃棄物中間処理施設コース(10日間)①基調講義、②廃棄物概論、③廃棄物処理施設の構造と維持管理、  ④安全と安全衛生管理、⑤測定分析の実際 □産業廃棄物焼却施設コース(10日間)①基調講義、②廃棄物概論、③廃棄物処理施設の構造と維持管理、  ④安全と安全衛生管理、⑤測定分析の実際 □最終処分場コース(10日間)①基調講義、②廃棄物概論、③廃棄物処理施設の構造と維持管理、  ③安全と安全衛生管理、④測定・分析の実際 ●基礎・管理過程(4日間)①講義 ●管理過程 ①廃棄物処理法・関係法規、②管理監督の理論と実際、③廃棄物処理技術特論、④施設運営管理、⑤施設設備計画・実際、⑥処理機能維持・評価、⑦能力認定試験

願書申込み受付期間

随時

受講地

北海道、宮城、東京、神奈川、愛知、大阪

受講料

●基礎・管理過程・・・・115500円 (破砕・リサイクル施設、有機性産業廃棄物資源化施設コースは98700円) ●管理過程・・・・63000円 ●再試験・・・・5250円

受講申込・問合せ

(財)日本環境衛生センター東日本支局 044-288-4919(財)日本環境衛生センター西日本支局 092-593-8226