TOP >  国家資格  金融,ビジネス,FP,ファイナンシャルプランナー  >  ファイナンシャル・プランニング技能士

ファイナンシャル・プランニング技能士


国家資格
資産運用をアドバイスするプロとして、株式、為替、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識を用い、顧客の貯蓄計画・資金運用・相続対策など、トータルなライフプランのアドバイスをする。

関連ワード : 難易度:やや難しい 金融,ビジネス,FP,ファイナンシャルプランナー 


HP 

ファイナンシャル・プランニング技能士(ふぁいなんしゃる・ぷらんにんぐぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関(社団法人金融財政事情研究会またはNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)が実施するファイナンシャル・プランニング技能士に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。
なお職業能力開発促進法により、ファイナンシャル・プランニング技能士資格を持っていないものがファイナンシャル・プランニング技能士と称することは禁じられている。
なお、狭義のファイナンシャル・プランナーは、この資格を持つ者のことを指すが、広義には前身となっている各種公的資格・民間資格の取得者等も含まれる。詳しくはファイナンシャル・プランナーを参照のこと。

ファイナンシャル・プランニング技能士試験情報

受験資格

●1級 □学科1.実務経験5年以上の者。2.2級合格後、実務経験1年以上の者。3.厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者 □実技1.1級学科試験の合格者。2.「FP養成コース」修了者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者3.日本FP協会のCFP認定者4.日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者 ●2級 1.3級技能検定の合格者。2.FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者。3.日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者。4.厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者。 ●3級・・・・FP業務に従事している者。または従事しようとしている者。

試験内容

●1級 □学科(基礎編:筆記/応用編:筆記) ①ライフプランニングと資金計画、②リスク管理、③金融資産運用、④タックスプランニング、⑤不動産、⑥相続・事業承継 □実技(口述、筆記) ①資産相談業務(金融財政事情研究会実施)、②資産設計相談業務(日本FP協会実施) ●2級 □学科(筆記) ①ライフプランニングと資金計画、②リスク管理、③金融資産運用、④タックスプランニング、⑤不動産、⑥相続・事業承継 □実技(筆記) ①関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング、②ファイナンシャル・プランニングのプロセス、③顧客のファイナンス状況の分析と評価、④プランの検討・作成と提示業務 ●3級 □学科(筆記) ①ライフプランニングと資金計画、②リスク管理、③金融資産運用、④タックスプランニング、⑤不動産、⑥相続・事業承継 □実技(筆記)・・・・(個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務から選択) ①関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング、②顧客のニーズおよび問題点の把握、③問題解決策の検討・分析

願書申込み受付期間

①3月中旬~4月上旬 ②7月上旬~下旬 ③11月上旬~下旬

試験日程

①5月下旬頃 ②9月中旬頃 ③1月下旬頃

受験地

全国各地

受験料

●1級(学科)・・・・8900円 ●1級(実技)・・・・25000円(日本FP協会の実技は、15000円) ●2級(学科)・・・・4200円 ●2級(実技)・・・・4500円 ●3級(学科)・・・・3000円 ●3級(実技)・・・・3000円

合格発表日

①6月下旬 ②10月下旬頃③3月上旬

受験申込・問合せ

(社)金融財政事情研究会検定センター 03-3358-0771NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 03-5403-9890