TOP >  国家資格  ビジネス,法律,独立  >  弁理士

弁理士


国家資格
 特許権、意匠権、商標権等などの専門家。クライアントの依頼でこれらを権利化するための特許庁などへの出願方法のアドバイスや手続を代理し、またクライアントの権利が侵害されたときの対応などを行い、知的財産分野全般に渡るサービスを提供します。

関連ワード : 難易度:難しい ビジネス,法律,独立 


勉強時間3000時間~
最終合格率6~9%
年齢・学歴制限なし
就職企業の知財部、研究所、弁理士事務所、独立

弁理士豆知識

・受験者の多くは理工系出身者が全体の80%(8000名程度)、そのうち修士・博士は40%(3000名程度)
・合格者の多くも理工系出身者。
・H22年度の上位合格者の出身大学は 東京大学(65名)、京都大学(55名)、早稲田大学(42名)、大阪大学(37名)、東京工業大学(36名)

弁理士試験情報

受験資格

特になし

試験内容

●筆記試験(短答式筆記試験) ①工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令 ②工業所有権に関する条約、③著作権法、④不正競争防止法 ●筆記試験(論文式) □選択科目・・・・あらかじめ1.~6.の中から1科目選択し、その中から1つの問題を選択し解答します。 1.理工Ⅰ(工学)  ①基礎材料力学、②流体力学、③熱力学、④制御工学、⑤基礎構造力学、⑥建築構造、⑦土質工学、⑧環境工学 2.理工Ⅱ(数学・物理)  ①基礎物理学、②計測工学、③光学、④電子デバイス工学、⑤電磁気学、⑥回路理論、⑦エネルギー工学 3.理工Ⅲ(化学)  ①化学一般、②有機化学、③無機化学、④材料工学、⑤薬学、⑥環境化学 4.理工Ⅳ(生物)  ①生物学一般、②生物化学、③生命工学、④資源生物学 5.理工Ⅴ(情報)  ①情報理論、②情報工学、③通信工学、④計算機工学 6.法律(弁理士の業務に関する法律)  ①民法、②民事訴訟法、③著作権法、④不正競争防止法及び私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律、⑤行政法、⑥国際私法 ●口述試験  工業所有権(特許・実用新案、意匠、商標の3科目)に関する法令について  各科目10分程度。

願書申込み受付期間

4月上旬の10日間ほど

試験日程

●筆記試験(短答式筆記試験)・・・・5月下旬 ●筆記試験(論文式)・・・・7月上旬 ●口述試験・・・・10月中旬~下旬 ●筆記試験(短答式筆記試験) 仙台、東京、名古屋、大阪、福岡 ●筆記試験(論文式)・・・・東京、大阪 ●口述試験・・・・東京

受験料

12,000円 特許印紙を願書に貼付け納付します。

合格発表日

●筆記試験(短答式筆記試験)・・・・6月上旬 ●筆記試験(論文式)・・・・9月下旬 ●口述試験・・・・11月下旬

受験申込・問合せ

特許庁総務部秘書課弁理士室試験第一班 03-3581-1101 内線2020